テーマ:macro book

読後と陰陽講座を経て

第2回の陰陽講座。美風さん、中川さんの愛をいつも以上に感じた時間でした。歩き出す力、歩き出す道は自分で作り出していくものですが、なんかこう見守られている、背中を押してもらっている、そんな感覚です。 前回からの1ヶ月。食事日記をつけて自分と向き合う。 向き合いました。しんどかったです。分かっている自分…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

読書中

むそう塾の熱い想いと同じ内容が、文字で綴られています。 中川さん、美風さんが伝えたかったもの。 いまさらですが、鈍い私はやっと「これだったのか・・・」と腑に落ちてきました。 次回の陰陽講座までに、もう少し熟読し、自分なりに考えてみます。 からだの自然治癒力をひきだす生きかたサンマーク出版 大森 一慧 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

焼くまで1分★豆腐パン by izumimirnさん

本当に1分+焼き時間15分で完成! ブログレシピで有名ないずみさんのレシピは本当にお役立ち!「この余った食材をなんとかしたいゾ」てな時に、検索かけてちょこちょこ使わせてもらってます♪ 黒ゴマをアレンジして作った豆腐パンは、豆腐の豆の味がしっかりしたものを選ぶといいかも。今日は地…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

合掌は中庸

またもや、クシ先生の本から頭に残っていること・その2。 マクロビオティックの陰陽論で、カラダについて、右半分は陰性、左半分は陽性と教えていただきます。「だから、合掌すると中庸で気持ちがいいんだ・・・」と理解していたのですが、もっと細分化すると、 右手(陰性) 親指から、陰(親指)・陽(人指し指)・陰(中指)・陽(薬指)・陰(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感謝の心へ

年末年始の時間をかけてたくさんの本を読み直していますが、やはり初心忘るべからず。 クシ先生の基本中の基本には、書かれておりました。。。 マクロビオティックを始めてから、最初は食べものを通じて、作ったり、食べたり、美味しさの時間を共有しあったりと、日々を愉しむことを知りましたが、食べものから、カラダ・ココロの在り方に意識がいく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

低血糖症

年末年始、時間があったので、奥津先生とは別の本で、再度勉強してみました。 こちらはお医者さんが書いている本なので、理論的で納得・理解しやすかったです。特に、低血糖に陥ってイライラするのは、血糖値をあげようと攻撃ホルモン(アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミン=カテコールアミン)が分泌さ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マクロビ・レシピ本(その2)

以前も、お世話になっているレシピ本を載せましたが・・・コチラ 最近、お世話になっている方です。 あな吉さん マクロビなどと、敢えて名乗らないという姿勢にとても共感するところがあります。私も、マクロビについては色々思うことがあるのですが、まだまだ言葉、特に書き言葉にすることはできないので、また何年か経ったら、始めたいきさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランチ@ママンテラスと赤峰勝人さん

に関係なく、今日もママンテラスへ。 ママンテラスのランチは週替り。毎週来ても楽しめます。いつもは必ず玄米スペシャルなのですが、今日のメニューでは、新しくできた?ママンプレートBを頂きました{%フォーク&ナイフ(カシャン)hdeco%} 玄米スペシャルはちょっと物足りないのですが、プレートは思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オススメ・レシピ本.

よく参考にするのはこれらの本です。便宜的に、流派?別にしてみました  だって明らかに目指し方が違うので・・・ クシ系(楽しく、見栄えオサレ系) 中島デコのマクロビオティック ライステラスカフェパルコ 中島 デコ ユーザレビュー:季節を追った美しい料 ...Amazonアソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オススメ本・その4(食物の命、自分さえよければいいわけではないの巻)

・食べることは、その食べものの命をいただくこと ・自分の食べるものだけ無農薬・無肥料・オーガニックなど、いわゆる安全なものであればいいのか ・食べものに対してできること、自然を汚さないこと なんだか堅苦しくなってしまいましたが、そんな大事なことを気づかせてくれる本です。宇宙の中で生かされている私たちの謙虚さ、その秩序を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オススメ本・その3(食品添加物、の巻)

マクロと関係なく、広く読まれている本です。 私は小さいときから食品添加物アレルギーなのですが、この本をもっと早く知っていたら、もっと早く気をつけられたかも・・・と強く思います。いわゆる着色料や保存料だけでなく、名前は知らなくとも、ほとんどのモノに入っているたんぱく加水分解物、ブトウ糖果糖液糖の怖さも紹介されています。 ただ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オススメ本・その2(食養・お手当て、の巻)

辞書代わりの頼りになる本たちです。 こちらはストイック気味な健康第一・病気治癒などを目的とする場合の、食養・お手当ての本たちです。 特に、大森先生の奥様の本は、薬箱の代わりにキッチンにおいておくべき一冊です。最近は風邪や頭痛といった病気に限らず、虫刺されなどにもお手当て本さまさまで、とても頼りになります!
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

オススメ本・その1(マクロの本質に悩んだら、の巻)

(ちょっとずつ、これまで読んだなかで、オススメだなぁ、という本たちを紹介していきたいと思います♪) この本に出会えて良かった・・・ 特にマクロの進め方に悩んだりしたときに読むと、「マシを目指そう」とまた原点に戻してくれる本です。 病気を治したいけど食べ物に窮屈になりがち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヨーガンレール

昨日、「社員食堂にマクロビ料理を出すという会社(ヨーガンレール)で食べてみたいね~♪」なんて話をしていたのですが、やっぱり社員じゃないとダメだそうで、そのことを本にした高橋みどりさんだけが例外だったと聞いたのですが、昨日ちょうど手に取ったメトロのmetropolitana(vol.62)のP.19にその本が紹介されていました。 恥ずか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more