むそう塾4月(糠漬けの巻)

糠漬けに必要なのは・・・。 菌です。乳酸菌です。 なぜ糠床を混ぜるのか。レジュメ戴きましたけど、もっとビジュアライズしたい方は・・・。 もやしもん マンガですが(笑)、ご参考まで。 楽しいですよ~♪ あ、でもオタな私だけかしら でも、菌ワールドを知ると、糠漬け…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

むそう塾4月・一期生日D最終章(その2)

美風さんからの贈る言葉。 私はこの日を楽しみに待っていました。 最後のクラスになる、という実感はなかなか湧かず、 修了という名の通過点。区切りをつけて、再出発。 そんなワクワク感で満たされている自分がいました。 自分の軸を持ちたくて駆け込んだむそう塾。 いまは軸どころか、土台を築けたように思います。 美風さんか…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

むそう塾4月・一期生日D最終章(その1)

4月25日  楽しくて仕方のない1日でした。 1年間通い続けたむそう塾が、今日で最後のクラスだなんて、殆ど実感できない1日でした。 朝はこんな悩みから始まりました。 「う~ん、マスカラをするか否か・・・」 なぜなら、最後みんなで大泣き、感謝しあいまくり大会にな…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

おつかいの品

大阪へのお土産だったんです。 正体は・・・かりんとう。 先日の写真は、銀座のかりんとう専門店の軒先でした。間口わずか一間の店で扱っているのは、かりんとうのみ。かりんとうって、黒っぽいことが多いのですが、こちらでは綺麗なキツネ色です。 一般的な太さの「さ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

至極の靴下

はいじさんに連れられて・・・奈良でなんで靴下?(笑) 靴下だけで、1万円以上も買物するのは人生初です。 でもその価値のある靴下に間違いない あったか靴下。 やわらか靴下。 優しい気持ちになれる靴下。 kittaさん以来の感動の出会い。 あ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

HERO

今日から平城京1300年記念事業。けっこうイケてます★ あんなに物議を醸してた「せんと君」ですが、私は最初から結構お気に入り♪ 普段は自分の写真を撮ることのない私も、今日は関西の人の強い勧めもあり、一緒に記念写真など…(照)
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

久方の…

奈良です。中学の修学旅行以来です。早朝で人気なく、いるのは鹿ばかりです。 なんか欲しいよ~と、一瞬全員(全鹿)に一斉に見つめられて緊張しましたが、さすが神獣。あっさり諦めるところもお行儀良いようです。 わ!爆弾に注意(笑)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの買い物

初めての益子は、ぷらぷら歩くのに楽しい 呑気なおかいものネタ。 陶器屋さんが、ズラリと並んで、益子焼の陶器に飽き足らず、無垢材のカトラリーやら、ガラスやら・・・眺めているだけでシアワセ たくさんの欲しいモノの中から、今回選んだのは主にコチラ。 あいか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

陶器を求めて

ちょっとお散歩にいってきました。 ずっと前に雑誌でみて、一度いってみたいと思っていたところ。 憧れとおり、夢のような場所でした。 STARNET 道行くと、優しい花々の色。萌え出す木々。 この淡い春の色合いと、靄や霞といった感触。大好きな春…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

求めない

メンタルといいますか、スピリチュアルといいますか、そんな記事が続きます・・・。 先日、親しくしているお姉さんから、「ぼっさちゃん、この本知ってる?」と教えて戴いたコチラの本。お姉さんはエステ店を1人で切り盛りしていて、「お客さんが楽になるのよ、この本読むと」と。 先日の記事の続きのようですが、これもご縁なのでしょうね。必要と…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「何のために生まれてきたんだろう」

・・・大事な友人に贈ります。 自分の言葉で、語れるか。   すぐにできないかもしれないね・・・。私もすぐには答えられない。 人によっては、一生かけても分からないことかもしれない。 分からなくてもいいことかもしれない。 この問いを、私は置き換える。 「どういう自分になりたい・・・?」 「どういう自分でありたい…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

3月のむそう塾

3月28日 むそう塾・幸せコース11回目。最後の調理実習は「お魚」。丸ごと一尾。数十年前の釣り以来です、丸ごと一尾手にするのは・・・。 海の近くで生まれ育ったものの、生モノのお刺身が食べれるようになったのは、東京にきてから。それでも、マグロや光モノは、うぇ・・・{%…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

乙女とゴハン?な椿

椿は春の季語。世の中に、何千種とあるもののようです。茶道を始めるまで、地元の大島椿くらいしか椿と認識していませんでした・・・ とある店先(うさと・京都店)で、一目惚れした椿。その名も「乙女椿」。 こんな乙女時代を過したかった・・・反省 店員さんのお家…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more